福井県県産品活用推進センター/ふくい建設資材ネット
県産品とは?
県産品活用例
県産品の紹介(商品案内)
県産品紹介リスト(工事関係)について
センターについて
リンク集
ご利用にあたって
トップページ

Google
サイト内検索

県内産木材を使って家を建てたい人向けの情報サイト
県内産木材を使って
家を建てたい人向けの
情報サイト

最近のニュース

第2回 「福井の家」設計コンペ作品募集 H24.7.25

テーマ
「福井の風土と暮らしに適した住宅」
公募期間
平成24年7月25日(水)~平成24年10月1日(金)(必着)
詳しくは下の募集要項をご覧ください。
▶ฺ「福井の家」設計コンペ作品応募要領(PDFファイル)
応募様式はこちらをご利用ください。
▶ฺ「福井の家」設計コンペ作品応募様式(wordファイル)

ページTOP▲


住まいの情報展2012に出展します H24.7.24

平成24年10月27日(土)~28日(日)に福井県産業会館1、2号館展示場にて開催される住まいの情報展2012に出展します。

詳しくは下のパンフレットをご覧ください。
▶ฺ住まいの情報展2012(PDFファイル)

ページTOP▲


フクイ建設技術フェア2012に出展します H24.7.24

平成24年9月26日(水)~27日(木)に福井県産業会館1号館展示場にて開催されるフクイ建設技術フェア2012に出展します。

詳しくは下のパンフレットをご覧ください。
▶ฺフクイ建設技術フェア2012(PDFファイル)

ページTOP▲


「福井の家」設計コンペ作品募集 H22.10.1

テーマ
「福井の風土と暮らしに適した住宅」
詳しくは、下の募集要項をご覧ください。
▶ฺ「福井の家」設計コンペ作品応募要領(pdfファイル)
応募様式はこちらをご利用ください。
▶ฺ「福井の家」設計コンペ作品応募様式(wordファイル)

ページTOP▲


「県産スギ横架材活用事業報告会」開催のお知らせ H21.2.20

 福井県では、住宅の横架材(梁や桁など)へ県産スギの活用を促進するため、県産スギ横架材活用事業を実施しています。
 今回、県内の建築士、大工、工務店等の方を対象に、今年度の事業内容の報告会を開催します。
 ぜひご参加ください!!

日時
平成21年3月10日(火)13:00~17:00(受付12:30~)
場所
福井市宝永3丁目1-1 福井県国際交流会館「多目的ホール」
内容
今年度の事業内容の報告会
内容
200名(事前申込が必要です。)
参加費
無料
詳しくは、福井県農林水産部県産材活用課のホームページをご覧ください。
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/kensanzai/oukazai-annai.html

ページTOP▲


木のおくりもの展 作品大募集!! H20.12.22

 福井県では平成21年3月6日~8日の3日間、福井市のAOSSAで「WOOD FESTA 2009 ~木と木であくしゅ IN ふくいえきまえ~」を開催いたします。
 その中で「思わず笑顔になる、もらったうれしい木のおくりもの」をテーマに作品を募集しています。応募作品についてはイベント内で展示するほか、応募者全員に記念品、さらに入賞者には景品がプレゼントされますので、皆様の積極的な応募をよろしくお願いします。

募集内容および応募方法等については福井県農林水産部県産材活用課のホームページをご覧ください。
WOOD FESTA 2009~木と木であくしゅ IN ふくいえきまえ~「木のおくりもの展」作品募集中!!

ページTOP▲


「県産スギ横架材に関する研修会」開催のお知らせ H20.11.11

 福井県では、住宅の横架材(梁や桁など)へ県産スギの活用を促進するため、県産スギ横架材活用事業を実施しています。
 この事業の一環として、県内の建築士、工務店等を対象とした県産スギ横架材の加工・乾燥に関する研修を実施します。
 ぜひご参加ください!!

日時
平成20年11月15日(土) 13:30~16:00
加工研修13:30~14:00、乾燥研修14:30~16:00
場所
【加工研修】福井市下六条町35-30-1 川井木材株式会社
【乾燥研修】福井市大土呂町4-4-1 福井県特殊木材販売協同組合
内容
県産スギ横架材の加工・乾燥に関する研修会
参加費
無料
詳しくは、福井県農林水産部県産材活用課のホームページをご覧ください。
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/kensanzai/oukazai-annai.html

ページTOP▲


県産材住宅コーディネーター養成講座
県産材住宅コーディネーター ステップアップ講座  受講者募集
H20.07.28

 福井県では、県産材住宅の提案や相談に応じられる「県産材住宅コーディネーター」を養成するための「県産材住宅コーディネーター養成講座」の受講者を募集しています。
 講座修了者は「県産材住宅コーディネーター」として認定し認定証を交付します。また、認定者の名簿をホームページ等で公開するとともに、様々な機会を通じて県産材住宅の建築を計画している県民等に広く紹介します。

開講日時
平成20年8月23日(土)、9月6日(土)、9月27日(土) 計3日間
受講資格
下の3条件全てを満たす者
[1]県産材や県産材住宅の普及啓発を図る意欲のある者
[2]福井県内に居住している者、または県内に本社または営業所がある法人等に属している者(個人事業主を含む)
[3]建築士、または1級建築大工技能検定合格者
定員
50名
申込期間
平成20年7月28日(月)~8月15日(金)
問い合わせ・申し込み先
福井県農林水産部県産材活用課 木材活用流通グループ
TEL 0776-20-0449 /FAX 0776-20-0654
E-MAIL kensanzai@pref.fukui.lg.jp
 同時開催で、すでに県産材住宅コーディネーターに認定されている者を対象に、県産材を活用した住宅建築の知識をより深めていただくための「県産材住宅コーディネーター ステップアップ講座」も開講します。

ページTOP▲


「伝統的民家のある風景」写真コンクール募集 H20.1.31

福井県内には地域の歴史、文化に培われてきた伝統的民家がたくさん残っています。これらの伝統的民家は地元の材料、技術に支えられ、何代もかけて工夫が凝らされて造られてきたものです。また、伝統的民家は風格のある外観で福井の特色ある風景を造ってきました。
こうした伝統的民家が造るふるさと福井の景観の美しさを発見してもらい、多くの方にその良さをPRしていくため写真コンクールを実施します。

写真のテーマ
福井県内の伝統的民家が形成するふるさと景観を捉えた写真
締切り
平成20年5月末
主催
(社)福井県建築士会 (共催 福井県県産品活用推進センター)
詳しくは、下の募集要項をご覧ください。
▶ฺ「伝統的民家のある風景」写真コンクール募集要項(pdfファイル)

ページTOP▲


「地域材による家づくり」講習会のお知らせ H19.12.10

近年、木を使うことが森林の整備につながり、そのことが地球温暖化防止等地球環境の保全に寄与するとの認識が深まってきています。このような状況の中、木を使う活動の一環として全国各地で"地域材による家づくり運動"が進められています。
このため、「地域材による家づくり」に関する講習会を開催し、環境にやさしく人にやさしい木材の利用を更に推進するとともに、地域材を使用した住宅づくりのあり方を考えていきます。

講習内容
「地域の特長を活かした住宅づくりと地域ネットワークづくりのポイント」
講師:空間工作所 代表取締役 小須田 廣利 氏
日時
平成20年1月23日(水)13:30~
会場
福井県自治会館
主催
福井県(共催 福井県県産品活用推進センター)
定員
80名(事前申し込みが必要です。住宅施工者様・木材流通関係者様を対象としています。)
参加費
無料
問合せ先
福井県農林水産部県産材活用課 木材活用流通グループ
TEL 0776-20-0449 /FAX 0776-20-0654
詳しくは、下のチラシをご覧ください。
▶ฺ「地域材による家づくり」講習会のお知らせ(pdfファイル)

ページTOP▲


利用しやすくなりました!
(福井県ゆとりと安心の住まい支援事業(新築)のご案内)
H19.11.2

<制度改正の内容>
(1)住宅性能表示制度による住宅性能評価書が不要になります。
(2)住宅性能保証住宅とすることを要件とします。

 福井県では従来から、県産材の活用、バリアフリー性能や省エネルギー性能についての水準が一定以上、などの条件を満たす優良な一戸建て在来木造住宅の取得に対して支援事業を行っています。
 今年8月からは制度を一部改正し、(1)住宅性能表示制度による住宅性能評価書が不要、(2)住宅性能保証住宅とすることが要件、となりました。従来と比べて事務手続きが簡素化されるとともに住宅取得者の保護が図られています。
 基礎要件を満たす住宅に対して40万円、基礎要件と上質要件を満たす住宅に対して80万円が補助されます(※着工前のお申込みが必要です)。

支援の要件など、詳しくは福井県土木部県建築住宅課のホームページをご覧ください。
福井県ゆとりと安心の住まい支援事業(新築)

ページTOP▲


県産材でリフォームを!!(県産材リフォーム支援事業のご案内) H19.8.20

 福井県では、福井らしい愛着のもてる住まいづくりと住宅分野における福井県産木材の需要拡大を進めるため、県産材を使用した住宅リフォームに対する支援制度を創設しました。
 この制度では、県産材利用の提案などを行う県産材住宅コーディネーター等が手がける住宅のリフォームを行う方に対して、県産材部材の使用数量に応じて補助金(15万円以内)が交付されます。

詳しくは、福井県農林水産部県産材活用課のホームページをご覧ください。

県産材リフォーム支援事業(http://info.pref.fukui.jp/kensanzai/tukau/reform/reform.html

ページTOP▲


「地域材を使用したリフォームについて」講習会のお知らせ H19.08.08

福井県では、19年度より県産材を使用した住宅リフォームに対して支援を行います。
県産材を用いてリフォームを考えている事業者の受講をお待ちしています。
一般の方の受講も可能です。

講習内容
1.「木質内・外装材への地域材の利用」
  講師 (株)ぷらん・にじゅういち 代表取締役 趙海光氏
2.「外構材への地域材の利用」 講師 東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授 信田聡氏
日時
平成19年9月20日(木)13:00~16:00
場所
福井県国際交流会館 地下1階 多目的ホール
主催
(財)日本住宅・木材技術センター
参加費
無料
申込み締切
9月12日
問い合わせ・申し込み先
福井県農林水産部県産材活用課 木材活用流通グループ
TEL 0776-20-0449 /FAX 0776-20-0654
詳しくは、下のちらしをご覧ください。
▶ฺ「地域材を使用したリフォーム」講習会のお知らせ(pdfファイル)

ページTOP▲


「越前若狭の大工と絵図、道具」展(福井市立郷土歴史博物館 平成19年企画展) H19.4.26

福井県内で最も古い木造建築は、鎌倉時代に建立された明通寺(小浜市)の本堂・三重塔ですが、これまでの発掘調査では古代より寺院が存在していたことが確認されています。中世には永平寺大工が、江戸時代になると旧金津町伊井、旧武生市小野谷、若狭小浜の大工などが活躍し、その技術は今日に至るまで受け継がれています。
今回の展覧会では、おもに県内で活躍した越前や若狭の大工たち、彼らが残した絵図や技術書などの記録、彼らが使っていた道具などを紹介し、越前や若狭の大工たちの優れた技術の一端を探ろうとするものです。期間中、計6回の講演会も開催されます(講演会の日程はpdfファイルをご覧ください)。

日時:平成19年5月12日~7月8日

▶ฺ越前若狭の大工と絵図、道具展 パンフレット(pdfファイル)

ページTOP▲


福井県木の家協同組合 内覧会 H19.4.19

福井の風土にふさわしい住まい~県の住宅支援制度基準「県産材を40%以上使用」した家。
県内8会場で一斉に構造&完成見学会を開催します。
この機会に県産材の良さを是非確認してください。

日時:平成19年4月21日(土)・22日(日)10:00?17:00
会場:福井市内6ヶ所、越前市内・小浜市内各1ヶ所
主催:福井県木の家協同組合

ページTOP▲

福井県県産品活用推進センター